【ポルトガル】リスボンからすぐ行ける、シントラ地方とロカ岬を巡る〜ユーラシア最西端とリアルドラクエ〜

おはようございます。なお吉です。

リアルタイムはハンガリーに来ました。アンダンテで沈むぞー!


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!






各SNSやってます!フォローよろしくお願いします!

リンクはこちらから!

Instagram:naokichi_traveler

Twitter:@naokichi_travel
※旧アカウント(naokichi_SD)から変更になりました。

Facebook:世界大作戦


市内観光やミーハー名所巡りなど、リスボン市内を堪能出来たので、今回は少し足を伸ばしてみようと思います。

 

それがシントラ地方

 

ユーラシア大陸の最西端があったり、面白い遺跡があったりと、中々心惹かれる場所。

 

そんなシントラ地方を回る時、便利なチケットがあります。

 

それがシントラ周遊パス

 

シントラ周遊パス(Bihete Train & Bus)とは

シントラ周遊パスとは、リスボン市内からシントラ地方までの往復交通費、シントラ地方内の観光名所を回る特定のバスが乗り放題になるチケット。

 

シントラ地方内は結構広く、バス利用が必須となるため、このチケットを使うことが、安価にシントラ地方を巡るキーアイテムになります。

 

購入はリスボン市内からの出発駅になるロシオ駅のチケットカウンターで。

 

ただね、

 

いや、並び過ぎな。(リスボンは常にこれ)

 

平日でもこれぐらい並ぶので、余裕があれば前日までに購入することをおすすめします。

 

※当日の場合、乗りたい電車(通常、毎時11分と41分の1時間に2本出ている模様)の30分以上前に到着すること。

 

僕もこれは予期していなかったので、乗車ギリギリになっちゃいました。

 

一人15ユーロ(+カード代0.5ユーロ)。

 

※空のヴィヴァ・ヴィアジェンカード(リスボン市内で使えるICカード)を持っていても、強制的に新しいカードを買わされます。何故だ……

 

チケットを購入したら、シントラ行きの電車を見つけ、いざ出発。

 

40分ジャストでシントラ駅に到着します。

 

リアルドラクエの世界、レガレイラ宮殿

シントラ地方には多くの宮殿があります。

 

シントラ宮殿、ペーナ宮殿、レガレイラ宮殿。

 

特にペーナ宮殿はリアルディズニーランドとも呼ばれているそうな。

 

ただ、お金的に全部回るのは得策ではないので、僕はその中でレガレイラ宮殿に行くことに。

 

レガレイラ宮殿。

 

別名、リアルドラクエ。

 

うん、少年ハートくすぐられる。(゚A゚)

 

レガレイラ宮殿へはシントラ駅からバスで行くことが出来ます。

 

ただ、電車到着直後は長蛇の列だったのと、少しシントラ周辺を見て回りたかったので、僕は歩いて向かうことに。

 

歩いても30分以内で到着することが出来ますしね。

 

ただ、これが正解でした。

 

観光地と言えど、田舎町だけあってのんびりしてるし、なんせ街並みが可愛かったです。

 

少しのアップダウンを終え、レガレイラ宮殿が見えてきました。

 

古城感が少年ハートを焚き付けます。

 

でも、入り口はもう少し先。

 

入場料:6ユーロ。

 

シントラ宮殿、ペーナ宮殿が10ユーロ超えの中、良心的な価格。

 

入場券と一緒に貰った地図を広げ、いざ冒険の世界へ。

 

え、広くね……?(゚A゚;)

 

そう、ここは冒険の世界。

 

しかもオープンワールド。

 

どこに行くかは自由。

 

てな訳で、地図を頼りにブラブラしてみます。

 

この苔感、すげー少年ハート惹かれる。(何回言うねん)

 

古城感ってやっぱり良いものですね。

 

そんなこんな道中楽しみながら歩いていると、

 

第一なんかよくわからん塔、発見。

 

しかも登れるっぽい。

 

登ります。

 

ぶっちゃけ、高さはそんなですが、

 

この宮殿の見張り台っぽい雰囲気が素敵。

 

この塔の役割が明確なので、見張り番っぽいイメージで楽しむことが出来ました。

 

ん?宮殿?(゚A゚)

 

そう、こんな感じの建物がポツポツあるんです。

 

まさにリアルドラクエ。

 

これらの中にも入れます。

 

まさにドラクエの洞窟。(照明付き)

 

他にも

 

突然現れる飛び石。

 

落ちたら苔池。中々の恐怖。

 

本当に歩いているだけで、何か冒険に出たような感覚になります。

 

大自然や遺跡はこれまでにも数多く行ってきましたが、”冒険感”って新しい感覚を覚えたのは、ここレガレイラ宮殿が初めてです。

 

さて、レガレイラ宮殿のメインに行きましょう。

 

ぱっと見、何の変哲も無い岩。

 

ただ、ここ中に入れるんです。

 

しかも中が

 

かなり深い井戸に。

 

降りてみましょう。

 

メインだけあって、渋滞気味なのでゆっくりと降り、最下層に到着。

 

やはり最下層はひんやりとした空間。

 

ここから見上げた景色が中々迫力がありました。

 

こちら。

 

この螺旋階段の威圧感と空の遠さ。

 

これが相まって、独特の雰囲気が作り出されていました。

 

これ、見上げていたら首が痛くなりました。

 

イテテ…

 

あっ、入り口にあった古城っぽいものはラストに現れます。

 

ここは昔の持ち主の家だったようで、中は豪華な調度品で溢れています。

 

まるでダンジョンの途中にある豪華な家みたいな感じで。

 

こんな感じで全体を通してその名に恥じぬ、ダンジョン感溢れる楽しい宮殿でした。

 

 

ユーラシア大陸の最西端、ロカ岬

レガレイラ宮殿を堪能した後、ユーラシア大陸の最西端にあるロカ岬に向かいます。

 

ロカ岬へのバスに乗るため、一度シントラ駅に戻ります。

 

乗り場はレガレイラ宮殿等に行くバスとは異なるため、注意してください。

 

バスはロカ岬まで直行のため、乗れば連れてってくれます。

 

約1時間後、到着。

 

霧(゚A゚;)

 

シントラ周辺は快晴だったのに、運悪く辺り一面濃霧。

 

うん、何も見えねえ(゚A゚;)

 

こればっかりは運次第ですね。

 

大西洋を地平線まで見渡したかった……

 

悔しかったので、最西端の証と写真を撮って早々に退散しました。

 

 

まとめ

シントラ地方はリスボンから簡単に足を伸ばして行ける場所で、リスボンとはまた異なる雰囲気の街なので、結構楽しむことが出来ました。

 

特にレガレイラ宮殿のリアルドラクエ感は他では中々味わうことが出来ない空間だったので、特にオススメした場所ですね。

 

ロカ岬だけはリベンジしたいなぁ……

 

ではでは、今日はここまで!お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment