【スペイン】レアル・マドリー現地観戦〜サンティアゴ・ベルナベウにて世界最強クラブを〜【前編】

おはようございます。なお吉です。

リアルタイムはセルビア。ここ、居心地いい……(またかよ)

ブログの方は今日からスペイン編に突入します!


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!






各SNSやってます!フォローよろしくお願いします!

リンクはこちらから!

Instagram:naokichi_traveler

Twitter:@naokichi_travel
※旧アカウント(naokichi_SD)から変更になりました。

Facebook:世界大作戦


さて、大好きなポルトガルを抜け、スペインにやってきました。

 

スペインに来たのには理由があります。

 

それがトマティーナ

 

旅前に掲げたやりたいことの中でも挙げた、ただただトマトを投げ合う奇祭。

 

旅のメインイベントの一つでもあったので、西廻りの流れを潰してでもやってきました。

 

そのトマティーナに参加するグループの集合が8月28日。

 

何気なくネットサーフィンをしている時、見つけちゃったんですよね。

 

8月27日
サンティアゴ・ベルナベウ
レアル・マドリー vs バレンシア

 

ポルトガルからバレンシアへの移動の途中、マドリードあるよね?

 

これ、行けんじゃね?

 

レアル・マドリーと言えば、前人未到のチャンピオンズリーグ2連覇を成し遂げた世界最強チーム。

 

個人的にバルサ全盛期よりも今のレアルの方が強いと思ってます。

 

そんなチームの試合を観れる機会なんてそうないです。

 

一人サッカー観戦は寂しいので、そろ旅のしんさんを誘ってみると、しんさんあっさり承諾。

 

てな訳で、男二人のサッカー観戦始まります。

 

チケット入手方法

ヨーロッパサッカーと言うと、チケットの入手が困難で代理店から高値で買うしかないと思われていますが、それはイングランドのプレミアリーグ、ドイツのブンデスリーガぐらいで、残りの主要リーグは大抵簡単にチケットを入手することができます。

※上記2リーグは年間シートがほとんどを埋め、一般発売されるチケット数がかなり少ないためです。

 

ただ、チケット購入方法はチームによって異なるので、今回はレアル・マドリー編と言うことで。

 

チケット購入は物凄く簡単。

 

レアル・マドリーHPのチケットページから座席を選んで買うだけ。

 

※トップページからだとここ。

 

他チームだと英語かその国の言語ページからしか買えないのに、レアルは日本語ページからでも購入可能。

 

なんと簡単な……

 

ただ、問題はチケット購入開始のタイミング。

 

基本的には試合の1週間前にファンクラブ向けにチケットが発売され、一般はその後数日後という感じ。

 

先着順のため、複数枚を並びで買いたい場合は、発売開始の出来るだけ早いタイミングで購入する必要があります。

 

ただ、今回は一般発売後数日間、購入を担当してくれたしんさんの全てのクレジットカードが利用不可という事態に。

 

これは試合前日にでも現地購入かと思っていたら、試合4日前に普通に買えるようになったそうで、無事チケット確保。

 

一般発売後、数日間はスペイン国外やEU圏外のクレジットカードは利用不可というような制限があるかもしれません。

※これはあくまでも推測ですが。

 

聖地サンティアゴ・ベルナベウへ…行く前に

前日にマドリードに入り、体制を整えます。

 

ちなみに泊まったホテルもサッカー一色。

 

レアルだけでなく、様々なチームのユニフォームが飾られていました。

 

結構懐かしいものもあったりと、これだけで結構楽しめます。

 

ただね、この壁の絵。

誰がゴールしたの?(゚A゚)

 

ベンゼマなのか、ロナウドなのか、ラモスなのか……

 

謎は深まるばかりです。

 

ー翌日ー

 

試合のあるレアル・マドリーの本拠地、サンティアゴ・ベルナベウへ行くにはまだ早いので、少しマドリード観光をします。

 

とは言え、昔観光をしているので、街歩きオンリー。

 

これ、マドリードの市庁舎なんですと。なんと宮殿チックな造り。

 

市庁舎から歩いて程なくあるアルカラ門。優雅。

 

マヨール広場もに寄ったり、

 

マドリードのくまさん見たり。

 

えっ、観光しすぎじゃね?って?

 

そうなんです。この日のキックオフ、

 

 

まさかの21時15分。

 

 

日曜日の夜に、まさかの21時超え。

 

多分テレビ視聴のベストな時間帯を狙ってるとは思うのですが、日本じゃ考えにくい時間帯ですよね。

 

そんな訳で時間があるので、僕の”思い出の場所”にも行ってきました。

 

こちら。

 

エスタディオ・ビセンテ・カルデロン

 

ここはマドリードのもう一つのサッカークラブ、アトレティコ・マドリーが昨シーズンまで本拠地としていたスタジアム。

 

アトレティコ・マドリーと言えば、2003年以降のレアルとバルサの圧倒的2強時代に2013〜14年シーズンに国内リーグを制覇して風穴を開けたチーム。

 

スタジアムの真下に高速道路が走っていることでも有名です。

 

ここが思い出の場所というのは、

 

7年前、ここでヨーロッパサッカーを初めて現地観戦したから。

 

アトレティコ・マドリーの思い出

今はリーガの3強の一角を担うアトレティコですが、当時は今よりも弱かった。

 

ですが、魅力的なプレイヤーが多く、レアルよりも惹かれて観戦してきました。

 

懐かしい。22歳当時の僕です。若い。

 

それにしても、当時のメンバーは今考えると豪華。

 

現マンチェスター・シティのエース、アグエロ。

 

2010年ワールドカップMVPのフォルランとの2トップ。

 

現マンチェスター・ユナイテッドの守護神、ダビド・デ・ヘア。

 

あとはフェリペ・ルイスやゴディン、ファンフランなど、今のアトレティコの主軸メンバーも在籍していました。

 

あとこの人も。

 

アグエロの当時の嫁。(現在離婚)

 

そう、

 

マラドーナの娘。

 

色んな人がいたなぁ。

 

てか、この記事を書くに当たって写真を見返していて一番驚いたのが、

 

当時いたんだ、ジエゴ・コスタ。

 

フォルランと交代で途中出場してた模様。

 

当時はほぼ無名状態だったのが、今やあれだけの活躍をするプレイヤーになるとは……(しみじみ)

 

ちなみにセビージャ側にも、

 

当時のブラジル代表のエース、ルイス・ファビアーノ。

 

他にもヘスス・ナバスとかもいたなぁ。

 

今思えば本当に豪華。

 

当時のアトレティコは有名クラブながらも本当にローカルクラブのような雰囲気で、観戦しながらも観客全員で一挙手一投足に一喜一憂して、ゴールを決めたら皆で喜び合うという、本当にアットホームな雰囲気のあるゲームを展開していました。

 

本当に楽しかったなあ。

 

そんな思い出溢れる場所だったので、今回マドリード観光の際に再度覗いてみました。

 

ただ、このスタジアムはもう使われていません。

 

アトレティコの本拠地が今シーズン途中からワンダ・メトロポリターノという新スタジアムに移転しました。

 

ここも正式にこけら落とししたら行ってみたいスタジアムです。

 

まとめ

まさかのレアル観戦を前にして文字数が大変なことになりそうだったので、二部編に分けます。

 

アトレティコには思い入れがありすぎて、昔話なのに熱く書いちゃいました。すみません。

 

続きはまた次回。たっぷり書いていきます。

 

ではでは、今日はここまで!お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment