【ハンガリー】旅人から愛される宿・アンダンテホステスで、この旅初のプチ沈没!?

おはようございます。なお吉です。

リアルタイムは世界一過酷と言われるツアー、ダナキルツアーに参加してきました。詳細は……来月ぐらいに笑

ブログの方は通常の旅日記に戻り、ハンガリー編です。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!






各SNSやってます!フォローよろしくお願いします!

リンクはこちらから!

Instagram:naokichi_traveler

Twitter:@naokichi_travel
※旧アカウント(naokichi_SD)から変更になりました。

Facebook:世界大作戦


さて、ワクワク追求夫婦と別れ、いよいよドイツ脱出です。

 

本当はもっといたかったんですが、物価的に仕方ありません。

 

一路次なる国を目指します。

 

次の目的地はハンガリー・ブタペスト

 

僕にとってポルトガル以来となるヨーロッパ未踏の国、ハンガリー。

 

ただ、ハンガリーに行くのは別に大きな理由がありました。

 

それが、アンダンテホステスという日本人宿。

 

これまで数多くの旅人が訪れ、そのほとんどが声を揃えて最高だったと言うほどの名高い宿。

 

オクトーバーフェストでもブタペストに行くと話をすると、観光地よりもアンダンテホステスに行けと言われる程。

 

普段あまり日本人宿に行かない僕ですが、これは行かねば!と思い、一路向かってみました。

 

アンダンテホステスの基本情報

アンダンテホステスの場所はこちら。

 

最寄りのメトロ駅Oktogon駅から徒歩5分程という有り難い立地。

 

ブタペスト自体小さな街なので、どこへ行くにもメトロ駅が近いのは本当に便利です。

 

ただ、マンションの中に玄関があるため、表の玄関に表札はあるものの見逃しやすいので、事前に場所は確認しておくことをおすすめします。

 

気になる宿泊費はこんな感じ。

 

ドミトリー:13ユーロ/泊

※3泊以上で割引制度あり

 

プライベート:25ユーロ/泊

 

ぶっちゃけ、他のホテルより少しお高めです。

 

その他はこんな感じ。

 

ランドリーサービス:1ユーロ

 

Wi-Fi有り(利用者が多いとたまに切れる。)

 

この辺りはいわゆる一般的なレベル。

 

では何が旅人をアンダンテホステスに引き寄せるのでしょうか。

 

旅人を惹き付けるアンダンテホステスの魅力とは

まずは何と言っても居心地の良さでしょう。

 

共有エリアは机を囲むように椅子やソファがあり、自然と宿泊者同士で会話が発生するような造り。

 

また、共有エリアには大量の漫画やガイドブックがあり、自然と人が集うので、気付けば宿泊者全員で話をしていることもしばしば。

 

宿泊費が若干お高めなのも相まって、いわゆる沈没者・落伍者のような面倒くさい長期滞在者がいないのも魅力。

 

僕が滞在していた時期は長期で滞在されてる方もいらっしゃいましたが、旅行者ではなく目的を持ってハンガリーに来られていた方でしたし、皆さん漏れなく凄くフレンドリーな方ばかりで、楽しい日々を過ごす事が出来ました。

 

やはり宿の評価は宿泊者に依るところもあるので、その点は凄く快適でした。

 

また、こんな風に打ち解け、共有エリアに集合していると、毎晩シェア飯になります。

 

もう一度言います。

 

 

シェア飯。

 

 

これも大きな魅力の一つ。

 

僕が宿泊した初日に出てきたのが、

 

寿司。

 

考えられます?

 

 

外国でのシェア飯が寿司って。(゚A゚)

 

 

その他にも

 

男の親子丼。

 

 

最高です。

 

 

ある日は管理人の金子さんに教えてもらい、僕も手打ちうどんを作りました。

 

師匠の教えに従い、

 

こねる。

 

延ばす。

 

畳む。

 

切る。

 

湯がく。

 

完成。

 

いやね、形は不格好なんですがね。

 

 

最高です。

 

 

めんつゆ+薬味=幸せ

 

極めつけはこれ。

 

ポークソテー。

 

ただし、そんじょそこらの豚ではありません。

 

ハンガリーの国宝豚、マンガリッツァ豚です。

 

これがレアで食べることができ、とろけるような柔らかさ。

 

本当に美味です。

 

しかもシェア飯なので費用も日本円で500円いくかどうかぐらい。

 

 

最高です。

 

 

また、僕は食べなかったのですがハンガリーはフォアグラが有名で安く手に入るので、フォアグラを使ったシェア飯が出る場合もあるようです。

 

こんなクオリティのシェア飯が食べれる宿なんて、本当にここだけ。

 

そんな最高の居心地の良さのため、

 

 

この旅で初めて、理由なく延泊しました。

 

 

プチ沈没です。まぁ1日だけでしたけど。

 

それ程までに快適で最高な宿でした。

 

まとめ

ここでは面白い出会い、美味しいシェア飯、快適な住環境。

 

宿に求める数多くの事が高レベルであるため、本当に素晴らしい宿でした。

 

ここに訪れるためだけにブタペストに来た人もいると聞いたことがあり、最初はそんな訳ねーじゃんと思ってましたが、今ではあながちありなんじゃないかなー?なんて思います。

 

またいつか帰ってきたい、そんな宿です。

 

あっ、繁忙期はフルになる事もあるそうなので、行かれる際は予約をおすすめします。

 

アンダンテホステスのHPはこちら

 

【おまけ】

そうそう、忘れるところでした。

 

アンダンテホステルに宿泊すると、近くの日本食レストラン「小町」の半額券が一枚貰えます。

 

オススメされた味噌ラーメンとカレーライスのセット

 

最高です。

 


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment