【エチオピア】ダナキルツアー3日目〜焦らしの後に待っていた、素敵なキャラバンと塩湖〜

焦らすねぇ、今日は本当に焦らすよねぇ。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!






各SNSやってます!フォローよろしくお願いします!

リンクはこちらから!

Instagram:naokichi_traveler

Twitter:@naokichi_travel
※旧アカウント(naokichi_SD)から変更になりました。

Facebook:世界大作戦


朝7時。

 

昨日やることがなくて23時には就寝したせいか、目覚めたのはこんな時間。

 

健康的な生活かて。

 

朝食を取り、身支度を済ませたら、あとはひたすらに読書。

 

こんな時Kindleあって本当に良かったと思う瞬間。

 

Kindleは旅には絶対必要だね。

 

あっ、そうそう。

 

今日からツアーメンバーが変わります。

 

金さん夫婦とグレッグは2泊3日のツアーだから。

 

新しいメンバーはレオとその彼女

 

 

 

と彼女の妹。

 

 

……なんだこの組み合わせ?

 

どう考えても彼女の妹の立場が気まずいやつやんか。

 

そんな組に入る俺って……

 

まぁ、レオと言っても中国人なんだけどね。

 

中国人3人+日本人1人。

 

1人で日本人色を出せるはずもなく、どう見ても中国人御一行様、完成です。

 

さて、出発まで時間があったので、レオ達に誘われるがまま、ローカルマーケットを見に行くことに。

 

ローカルの人に場所を聞きながらその場所に行ってみる。

 

こっちの子はすぐ手を握ってくる。かわゆい。

 

ただね、そのマーケットの場所に到着したんだけどね。

 

 

あれ?何もねぇ。

 

 

おかしいなぁ。

 

ただ、時間にもなっていたので宿に戻り、ツアー出発。

 

ドライバーにこのことを話すと理由がわかりました。

 

今日、ムスリムの休みのためローカルマーケットもお休みなんだと。

 

なるほ……

 

 

え?今日木曜日だけど?

 

 

通常、ムスリムの休みは木曜日の夕刻から金曜日まで。

 

なんで木曜日?

 

これを聞いてもなんだか歯切れの悪い回答。

 

うん、どうやらローカルルールっぽいです。

 

変なの。

 

さて、今日は塩湖に行く模様。

 

塩湖とは言っても、前日に行った規模のものとは比べ物にならないほど大きく、言わばウユニ塩湖のような場所だとのこと。

 

楽しみです。

 

さてさて、車を出発してから気付きました。

 

 

レオ、超自由。

 

 

チャイニーズあるあるだけど、綺麗なポイントがあればドライバーに車を停めさせ、撮影タイム。

 

ドライバーはもはやレオの専属カメラマン。

 

僕も写真撮りたいなーって思った場所を勝手に停めてくれるので、ぶっちゃけ有り難い。

 

レオの撮影が長いから、適当にパシャパシャ。

 

ランクルは絵になります。

 

さて、いつぐらいに塩湖に着くかなー?

 

そう期待を膨らませながら、Kindle読書。

 

三半規管が異常に強いので、車の中で読書をしても全く酔わないのが僕の強み。

 

そうこうしているうちに車が停まりました。

 

 

昨日のお昼を食べたレストランに。

 

 

今日はどこにも寄らず、いきなりお昼ご飯です。

 

まぁ10:30スタートですもんね。

 

お昼を取り、しばし休憩(まだ何もしてないけど)

 

ここで、金さん夫婦とグレッグに再会。

 

彼らは早朝に塩湖と僕らが明日行くダロール火山に行ってきた模様

 

凄い良かったよー!と若干興奮気味の彼らの感想に期待も膨らみます。

 

出発は今か今かと待ちわびていたところ、ガイドのリーダー参上。

 

腰をあげようとしたその時、

 

 

ガイドリーダー「塩湖等のエリアに入るパーミッション取るため、1時間半ここで待機ね。」

 

 

今日のツアーは待機や休憩で占めるようです。

 

いやいや、周りに何もないここで待機なんて、そんな殺生な。

 

ツアーメンバー全員がそう思ったようですが何もしないのも勿体無いと、とりあえずレストラン周りを散策。

 

 

 

 

……

 

 

 

 

何 も ね え 。

 

 

散歩です。これはただの散歩。

 

やっぱり身体を動かさないといけないもんね。

 

さて、散歩で身体も温まったところで再出発。

 

ひたすらに平原を疾走。

 

ただこの何もない平原の風景、結構好き。

 

どれぐらい走ったかは覚えてないけど、数時間は走ったかな。

 

車が停まりました。

 

塩湖か!?

 

丘でした。

 

説明を聞いても何の丘かがイマイチよくわからず……

 

一先ず、

 

深呼吸。

 

空が広いって素晴らしい。

 

そうして、再出発。

 

今度こそ塩湖か!?

 

到着したその場所は、

 

本日の青空ホテル。

 

荷物下ろすだけでした。

 

焦らすねぇ、今日は本当に焦らすよねぇ。

 

そして再出発。

 

今度こそ……

 

車で走ること数十分。

 

道の両脇に何やら起伏のようなものが現れ始めます。

 

あれは何だろうか?

 

ドライバーに尋ねると、

 

 

「ここ辺り一面“塩”だよ」

 

 

 

塩湖キター(°∀°)ー!

 

 

ようやくの塩湖です。

 

地平線まで広がる土地。

 

これが全て塩だなんて。

 

世界には巨大な塩湖があるのは知っていましたが、やはり生で見てみるとその大きさに圧倒されます。

 

ここは大昔は紅海に繋がる湖だったそう。

 

こんな広い場所が昔は湖で、何千年も掛けて干上がっていったなんてね。

 

 

自然とは何なんだろうか(哲学)。

 

 

そんな辺り一面塩の環境に目を輝かせていると、目の前から何やら行列が。

 

ラクダです。リアルキャラバン。

 

この塩湖から塩を採取し、メケレまで売りに行くのだとか。

 

驚くのはその日程。

 

片道7日掛けてこの地に来て塩を採取。

 

また7日掛けてメケレに戻るとのこと。

 

本当に長い道のり。まさしくキャラバン。

 

ラクダはこんな感じで塩のブロックを積んでいました。

 

あれ、いったい一つ何kgあるんだろうか。

 

ただ、その雄大なキャラバンの列には本当に息を呑むばかりでした。

 

キャラバンを見届け、再出発。

 

しばらく経つと辺り一面塩だらけ。

 

地表の塩の起伏もより鮮明に。

 

レオのリクエストで当然一旦停止。

 

ちょうど日が沈み始めた段階だったのでいい感じの雰囲気。

 

特にお気に入りだったのが、次の1枚。

 

本当に絵になります。

 

そして再出発。

 

キラキラ輝く塩の大地を眺めていると、またしても何かが近付いてきます。

 

ロバのキャラバン発見。

 

ラクダだけじゃなくてロバ版もあるんだなぁ。

 

 

やべぇ、全然前に進まねえ(゚A゚;)

 

 

再々出発。

 

結構飛ばし目。日が沈む……

 

そんなこんなで、

 

塩湖到着。

 

この部分はまだ水が残っていて、条件が整えばいわゆる”鏡張り”が見れるとのこと。

 

おお、確かに少し反射してる。

 

ただ、僕が行った時は風が出ていて、完全に反射した風景を拝むことは出来ませんでした。

 

それでも辺り一面白の世界は非現実的な雰囲気を帯びており、その美しさのあまり、一心不乱に写真を撮り続けました。

 

時間もちょうどサンセットのタイミングで本当に美しい風景を眺めることが出来ました。

 

サンセットも堪能し、青空ホテルに戻ります。

 

夜が更け、空を見上げると、

 

そこには本当に満天の星が瞬いていました。

 

オリオン座や北斗七星も肉眼でくっきり見えるほど。

 

サハラ砂漠とかに比べれば少ないものの、それでも十分すぎる程に美しい星空でした。

 

まぁ欲を言えば、月が新月であれば尚良かったんですけどね。

 

さぁ、明日は最終日。火山と並ぶもう一つの目玉とご対面出来る。

 

ワクワクです。


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment