【フィリピン】バギオからサガダへの行き方〜2017年3月現在〜

おはようございます。なお吉です。

週末は月に一度の外泊可能日だったので、久し振りに旅っぽいことしてきました。

てな訳で、久し振りに旅記事いってみましょう!


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!





今回、僕が行ってきたところはというと、サガダと言う街です。

 

正直、フィリピンの山奥にあるバギオからアクセス可能な中で、行ってみたいと思えるような街ってめちゃくちゃ少ないんですよね。

 

ただ、このサガダという街。

 

崖に吊るされている棺桶という普通じゃありえないものが見れたり、洞窟探検が出来たりと、魅力ありまくりな街なのです。

 

少年ハートをくすぐられます。

 

ただ、問題がひとつ。

 

 

行き方が非常に不透明。

 

 

調べても調べてもバギオからの詳しいアクセス情報がキャッチ出来ないという状況だったので、今回は2017年3月最新版の情報をご紹介したいと思います。

 

□バギオ→サガダ


バギオからサガダへのアクセス方法はひとつ。

 

バスです。

 

GL TRANSという会社が運行している模様です。

 

ただ、先に述べたように情報が不透明すぎたため、

 

運行情報を前日に直接見に行ってみました。

 

ちなみにバス停はダングワターミナルという、バギオの中心地から少し離れたバス停です。

※もう一箇所、サガダ行きのバス会社のあるバスターミナルがありますが、ここよりさらに中心地から離れるのと、便数もこちらの方が多いため、こちらのバスターミナルをオススメします。

 

先人の方々のブログ情報では、6時発のバスがあるとのことでしたが、

 

あれ、ない?(゚A゚;)

 

 

バスで約6時間掛かるとの前情報があるサガダ、始発が8:30だと到着する頃にはもうお昼を大きく回った頃。

 

 

うん、微妙です。

 

 

そこで、一縷の望みを胸に、

 

 

朝イチ、突撃してみました。

 

 

-4:00AM-

 

今回一緒に行くHELP学生一行にて、学校を出発。

 

15分後、バスターミナルに到着し、バスの時刻表を再度確認しようとしたら、

 

あっ、バスあった。(゚A゚)

 

運転手に確認したところ、5:30AM発が始発だとのこと。

 

運行表が少し間違っていたようです。安堵。

 

ちなみにバスチケットはチケットカウンターで買うのではなく、出発後に係員より買う形式だそうです。

※この時間帯にはチケットカウンターが開いていないためなのかもしれないので、チケットカウンター開いている場合は先ずはチケットカウンターにてお問い合わせください。

 

現在4:30AM。

 

5:30AM発ならもっとゆっくり出来たなーって考えてたところ、

 

 

気付けばあっさり満席。

 

この週は月曜日が休みだったということもありますが、念のため4:30AMには現地着していることを強くオススメします。

 

でないと、補助席での移動になります、ガチで。

 

さてさて、5:30AM、定刻通り出発。

 

数十分後、係員が各席を周り、その場でチケットを購入。

 

片道220ペソ也。

※学生さんは学校の学生証があれば20%オフになるっぽいので、持参することをおすすめします。
ちなみに僕は忘れましたw

 

最初は快適に進んでいましたが、しばらくすると圧倒的山道に突入します。

 

毎回ぐにゃんぐにゃん曲がります。

 

車酔いしやすい人は酔い止め必須です、マジで。

 

数時間走ると山の上からの広大な景色が楽しめます。

 

これはバス移動の醍醐味ですね。

 

ただ、ほっそい山道を走っているので、すぐ横が崖です。

 

マジで恐怖です。

 

途中休憩を1時間半〜2時間間隔で設けられるので、尿意を催したらそれまで頑張ってください。

 

そうこうしてること約5時間半。

 

サガダ到着!

 

あっ、到着時の写真撮り忘れた……


さてさて、今回はあまりに情報が少なかったので、珍しく情報ブログを書いてみました。

 

誰かのお役に立てれば幸いです。

 

サガダ観光編はまた後日。

 

ではでは、お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment