【キルギス】結局、さくらゲストハウスと南旅館のどっちがいいの?~実際に泊まって比べてみました~

おはようございます。なお吉です。

今日はビシュケクに行く際、多くの方が悩むであろう、宿選択のお話。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!





 

ビシュケクには数多くの宿がありますが、その中でもよく名前を聞く2つの宿があります。

 

さくらゲストハウスと南旅館。

 

どちらも多くの日本人バックパッカーが滞在した実績がある宿です。

 

僕も最初ビシュケクに行った際、どっちに泊まればいいか悩んだものです。

 

今回はそのどちらにも実際に泊まって実感を元に比べてみたいと思います。

※もうひとつ有名な宿、DOSゲストハウスは考察対象外。

 

さくらゲストハウス

立地

ビシュケク北部に位置し、市内へのアクセス良好。

とは言え、ビシュケク市内は広く、出歩く時はマルシュルートカを利用することが多いため、立地的メリットは正直感じませんでした。

強いて言えば西バスターミナルまで近かった。

※ただ、これはビシュケク起点で各地を転々と周る人には強力なメリットです。

 

値段

550ソム/泊

キルギスの物価を考えると、値段だけを見ればぶっちゃけ高いです。

 

設備

シングルベッドが並び、ベッド下にはかなり大きめなセキュリティーボックスあり。

部屋は清掃が行き届いていて、かなり綺麗。

シャワーやトイレも複数あり、水回りも綺麗。

キッチンが複数あり、自炊するには非常に便利。

Wi-Fiも普通に使えるレベルに強い。

設備に関しては素晴らしいです。この設備を考えると値段も頷けます。

 

サービス

英語が通じるスタッフ常駐。

他のスタッフも近すぎず遠すぎずでホスピタリティはかなり良いです。

少量の洗濯物なら無料で洗ってくれます。

これはかなり有り難かったです

 

その他

収容人数が多く、日本人宿でもないため、交流やこれからの旅メンバーを集めるのに便利。

 

一言で表すと

設備の優れた綺麗なホテル

 

南旅館

立地

ビシュケク市内南部に位置し、中心地に出るにはかなり大変。

立地は正直あまり良くありません。

ただ、ウズベキスタン大使館まで近かったり、大型スーパーが徒歩10分圏内にあったりとビザ申請や生活する分には不便は感じませんでした。

 

ただ、ここの一番の問題は最初行く時。

 

 

もはや迷路。

 

 

Googleマップを頼りに建物前までは行けますが、同じようなオートロックの扉が並んでいて、入り方が知らないと絶対に入れません。

 

実際にはこんな感じ。

 

1.左から2番目の扉の前に立ちます。

 

2.オートロックの022(もしくは023)を押してコールし、開けてもらいます。

 

 

これ、知らないと絶対に入れません。

 

 

僕もたまたま現地の人に助けてもらって何とか入れましたが、一人では立ち往生したままだったでしょう。

 

値段

350ソム/泊

さくらゲストハウスの約6割。安い。

 

設備

シングルベッド×4の部屋が2つ。

MAX収容人数は8人とこじんまりした宿。

綺麗さは普通。日本の懐かしさのある古いマンションの一室といった印象。

シャワーとトイレが1つずつ。

収容人数考えると別に困ることはないです。

シャワーの水圧が悪いという噂がありますが、至って普通。

全く問題なく使えます。

ただ、水捌けに難あり。

キッチンあり。(使ってない)

ただ、冷蔵庫が弱くあまり冷えにくい。

 

特筆すべきはそのWi-Fiの強さ。

人が少ないせいもあって、常時かなり強いです。

日本のネット環境と肩を並べられるレベル。サクサク。

 

サービス

管理人のおばあちゃんはロシア語しか通じません。

でも、可愛い。可愛いおばあちゃん。

口癖はハラショ。(OK)

 

その他

日本人専用の宿。

昔は外国人も泊まれたようですが、今は日本人しかいません。

 

何度も書きますが、管理人のおばあちゃんが可愛い。

いつもニコニコしてて、困ったことがあればいつも助けてくれます。

ただし、ロシア語。身振り手振り必死に伝える必要があります。

 

一言で表すと

おばあちゃんの家。

 

総括

最初は値段と設備の違いと思っていたのですが、それぞれ特徴が違うので、各宿で適した旅人も異なることが分かりました。

 

さくらゲストハウスに適した旅人

設備の良さを求める旅人。

ビシュケクをキルギス観光の拠点として長居しない旅人。(短期旅行者含む)

 

南旅館に適した旅人

貧乏バックパッカー。

長期的にビシュケクに滞在する旅人。(沈没、ノマドワーカー含む)

おばあちゃんの癒しを求める人。

 


こんな感じでしょうか。

 

ぶっちゃけどちらも甲乙付けがたい素晴らしい宿でした。

 

ただ、強いて言えばおばあちゃんの家感が凄く心地よかったので、僕は南旅館の方が僅差で好きかな。

 

これは好みの問題なので、時間の許す方は是非2つの宿をどちらも訪れてみてください。

 

ではでは、今日はここまで!お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment