【アルメニア】現存する世界最古の都市、エデンの園・エレバン〜素敵な風景から変なオブジェまで〜

おはようございます。なお吉です。

リアルタイムでは、いよいよトマティーナまであと1週間です。ワクワク。

ではでは、今日はいよいよエレバン編です。どぞどぞ。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!





ここまでエレバン近郊のオススメ観光場所をご紹介してきましたが、今日はいよいよエレバンです。

 

エレバンとは、アルメニア共和国の首都で、紀元前782年に建てられた世界最古の都市の1つとされています。

 

また、旧約聖書に登場する地上の楽園”エデンの園”が存在した街(ユダヤ教伝承によると。)ともされています。

 

エデンの園と言えば、アダムとイブが実を食べたとされる「善悪の知識の木」があった場所としても有名ですよね。

 

エデンの園について詳しく知りたい方はGoogle先生で検索してみてください。

 

 

一発目に老人ホームが出てきますから。(゚A゚驚)

 

 

エレバンのオススメ宿と注意点

さて、今回僕が滞在していた宿はこちら。

 

Hostel Vagary

 

元々は有名なリダの家に宿泊する予定だったのですが、長期宿泊者による盗難事件が頻発しているとの噂を複数の情報源から聞いていたため、防犯の観点から利用を控えました。(2017年8月現在)

 

宿泊者間での盗難事件は、やっぱり心が痛みますからね。

 

このHostel Vagaryは最近出来たゲストハウス。

 

そろたびのしんさんが紹介されていましたね。

 

エレバンの中心地であるリパブリックスクエアから徒歩圏内という好立地、且つ強めの温水シャワーが複数あるといった中々の環境の良さ。

 

ただ、部屋でWi-Fiが利用不可、ダイニングでも弱い点が悪い点かな。

 

ただ、トータルでは非常に良い宿です。実際、最近かなり流行っている宿だそうです。

 

エレバン街歩きと、高台からの光景

さて、街をブラブラと歩いてみましょう。

 

街歩きの中心は先程も書いたリパブリックスクエア。

 

エレバン自体こじんまりとした街なので、大抵の場所が徒歩圏内で行けるのは大きな魅力。

リパブリックスクエアの中心にはアルメニア歴史博物館と大きな噴水が。

また、その横には政府機関らしき建物があります。

 

んー、凄く素敵なモザイク。

 

これまで散々賞賛してきたこのモザイク調のデザイン、中心地でも変わらないデザインとなっています。

 

さて、せっかくなのでこのエレバンという街を見下ろせる場所に行ってみましょう。

 

それがここ、カスケード。

 

リパブリックスクエアから徒歩20分程で到着出来ます。

 

ちなみにサンライズが綺麗との噂を聞き、宿がたまたま一緒だったフジ公先生と一緒に行って来ました。

 

日中は人で溢れている歴史博物館前も朝はガランとしています。

 

アーケード街、オペラ座も同様ですね。

 

これらの写真からも感じられるよう、アルメニア人の朝は遅い印象。

 

てか、コーカサス地方の人は朝ゆったり夜遅くまで活動する夜型人間が多かったです。

 

さてさて、そんなこんな歩いているとカスケードに辿り着きました。

 

この階段、登ります。(6:00AM)

 

傾斜はそこまでないものの、長いため結構ハード。

 

朝っぱらからゼーハーゼーハー言いながらも、何とか登り切りました。

 

そして振り返った景色がこちら。

 

うん、素敵。

 

朝日に照らされた静かな街といった印象。

 

朝なので心地の良い風が吹いていました。

 

アララト山もうっすらと見えてますね。

 

あれ?先生はって?

 

先生、

 

 

下の方でマルマルモリモリ踊ってた。

 

さすがのキレです。

 

また、なんやかんやここカスケードには何度か時間を変えて来る機会がありました。

 

夕暮れのカスケードなんかも朝とは異なる雰囲気で中々幻想的な風景でした。

 

カップル多すぎだけどね。(゚A゚)ケッ

 

《豆情報》

「綺麗だけど階段登りたくないなー」って思ったそこの貴方。

 

大丈夫、エスカレーターあるから。

 

カスケードの西側(左側)の建物内にエスカレーターがあり、ここから簡単に一番上まで行けます。

 

ただ、朝一と夜(確か20時まで)は動いていないので、

 

 

一番いい風景を見たければ、階段登りましょう。

 

エレバンの変なオブジェたち

はい、ここエレバン。

 

トビリシに続く変なオブジェの宝庫でした。

 

「進化中にBボタン押したの誰だよ。」

 

「ジェットストリームアタック」

 

「TS(体育座り)」

 

「最初はグー!って言ったじゃねーか。」

 

「旧キット:女剣士(300円)」

 

「餌を与えすぎた野良猫(デブ)」

 

「二日酔いで起きたら横にいた女(デブ)」

 

「短小(デブ)」

 

 

いや、デブ多くね?

 

 

エレバンはどうやらデブせ……

「スリラー練習中のうさぎ」

 

 

いや、お前ガリガリかよ。

 

 

こんなオブジェが街の中で不意にいるから困りモノ。

 

そりゃオブジェ探しとかやっちゃうよね(゚A゚)

 

圧巻の噴水ショー

さて、エレバンの見所として外せないのが、リパブリックスクエアで毎晩開催される噴水ショーです。

 

この時は毎日多くの人が噴水前に集まります。

 

日中このレベルのまばらさが、

 

もうびっちり。

 

ただ、噴水ショーが見えないほどではないため、場所さえ選べば十分快適に見ることが出来ます。

 

この噴水ショー。

 

クラシックの名曲から有名なロックまで多種多様な音楽に合わせて噴水が立ち上ります。

 

しかも曲によって噴水のパターンは多種多様。

 

見ていて全く飽きません。

 

しかも、噴水ショーの時間がなんと21時〜23時。

 

長い時間見ていて、お気に入りの曲を探してみるのも面白いかもしれません。

 

え?どんなんか早く見せろって?

 

ではいきましょう。

 

こちら。

 

迫力が凄い。

 

最前列だと水しぶきが掛かるほど。

 

これだけの大迫力の噴水ショーが毎晩無料なのは驚きです。

 

そりゃ毎日見に行っちゃいますよね。

 

まとめ

今日ご紹介した名所の数々は全て無料で見ることが出来ます。

 

そもそも、オペラ等芸術関係以外、エレバンの名所はほぼ無料で見ることが出来るのもバックパッカーには有り難いところ。

 

ただ、夜景や噴水ショーを見るためには夜道を歩くことになるのですが、エレバン自体かなり治安が良い街なので、危険を感じる場面はほぼ皆無でした。

 

それにしても、

 

また1記事でまとまらなかった……

 

てな訳で明日もエレバン編続きます。


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment