【タイ】ソンクラーン前夜祭〜決戦・カオサンロード〜

おはようございます。なお吉です。

タイの強制沈没、暇だ。早く脱出したい……僕には沈没は不可能なようです。

ではでは、お待たせしました。ソンクラーン編です。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!





 

これは出発前のルート検討の際、旅序盤のメインイベントに設定していたイベント。

 

 

旅序盤はここを中心にスケジュールを立ててきたと言っても過言ではないです。

 

そんな凄く楽しみにしていたソンクラーン。

 

 

そもそもソンクラーンってなんだ?

 

おさらいしてみましょう

 

ソンクラーン (ソンクランとも、สงกรานต์) とはタイにおける旧正月のことであり、チャントラカティ(タイの旧暦)の新年である。
(中略)
基本的には、仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、家族の年長者の手に水をかけお清めをし、相手に敬意を示す。また、家の大掃除も行われることがある。
近年では、ソンクラーンが一年でもっとも暑い時期に行われることなどから、特に若年層を中心に、単なる水掛け祭りに変質している。この「祭り」においては見ず知らずの相手にさえ水を掛け合う。この場合、水を掛けるところは手のみに限定されず、水をかける行為自体「敬意を払う」ため無礼講状態となる(ただし、僧侶には水をかけない)。水の掛け合いには水鉄砲を用いる。他にも、家の前に水の入ったドラム缶を置くあるいは家の前までホースを延長させ、道行く人に水をかけたり、ピックアップトラックの積み荷部分に水の入ったドラム缶を載せ、町中の人に水をかけまわっている例もある。また、水を積んだ対向車同士での派手な掛けあいもよく見られる。

出典:Wikipedia

 

そう、元々はタイの旧正月を祝うお祭りなんですよね。

 

それがいまや、大の大人による大水鉄砲大会なんですよね。

 

 

おもしろそうじゃん。

 

 

それだけのために旅序盤のメインにしました。

 

ただ、単独旅行者のわたくし。

 

こんなみんなで和気あいあいとすべきお祭り。

 

 

 

一人参加はやだあああああああ。

 

 

って言ってたら、瞬旅(またたび)のしゅんくんから誘って頂き、大規模な日本人グループにて参加させてもらうことに。

 

ありがたや〜

 

そんなこんなで、本祭前日の4月12日。

 

プノンペンからバンコクへ帰ってきて、今回ご一緒させて頂く皆さんと合流。

 

初めまして〜

 

今回幹事のモン旅のモン太さんにご挨拶。

 

誰に対しても気を配ってられて、尊敬出来るお兄さんといった印象でした。

 

(モン太さん、よいしょ具合こんなもんでどうですか?)

 

まだ全員揃ってはいないものの、

 

関東旅友会の皆さんと、モン太さん旅友会の皆さん。

 

このようなグループがある中、

 

 

わたくし、ほぼ全員初めましてな状況。(゚A゚;)ゴクリ

 

(出発前に旅人の飲み会、行ってればよかったなぁ。(後悔))

 

ただ、持ち前の図々しさを持って、無理くり輪の中に入っていったのは内緒。

 

そんなこんな和気あいあいとしてる中、日も暮れてきました。

 

そう、4月12日。ソンクラーン前日。

 

なにやらカオサンロードにて前夜祭をやるとの話を事前に聞いていたわたくし。

 

しかも、前夜祭は人がそこまでごった返しておらず、一番ワイワイと水鉄砲の掛け合いが出来るとのこと。

 

 

行くしかないでしょう。

 

そこで有志5人で前夜祭に乗り込むことに。

 

途中のショッピングモールにて水鉄砲と防水バッグを購入することに。

 

この水鉄砲選び。

 

安いものでは数10バーツ、高くて500バーツほど。

 

大小様々な水鉄砲がラインナップされてました。

 

悩みました。

 

たった3日間のために高い水鉄砲を買う必要があるのか?

 

浮いた分、美味しいパッタイに当てた方がいいのではないか?

 

ただ、せっかくの祭り。

 

全力で楽しむことが祭りへの最大の経緯。

 

そう思い、一番高い水鉄砲を購入。

 

さて、準備は整いました。

 

 

宿からバスと徒歩、途中で王族の通過待ち(この時に動くと捕まるんだと。ヒエッ)をして、カオサンロードに到着。

 

カオサンロードに入った瞬間から戦闘開始!

 

 

 

……かと思いきや、全然水を掛けられない。

 

 

どうした!?ソンクラーン前夜祭は中止なのか!?

 

 

 

ぶっしゃーーーーー

 

あっさり掛けられました。

 

ここからは戦争です。

 

大人子供関係ありません。

 

信じれるものは己の水鉄砲のみ。

 

撃ち合いです。

 

正面決戦、

 

不意討ち、

 

チーム戦、

 

同士討ち。

 

何でもありです。

 

ただ、一つ言えること。

 

 

 

めちゃくちゃ楽しい。

 

 

日常生活で水鉄砲を持つことすらない中、

 

ただひたすらに水鉄砲を掛け合う。

 

しかも、ただ暑いからという理由で。

 

シンプルで凄い素敵ですよね。

 

そして、よかったことがあります。

 

 

水鉄砲、高いの買ってよかったんだ!(*^○^*)

 

この戦い。

 

モノを言うのは水鉄砲の威力タンクの大きさ。

 

威力が強い水鉄砲には怯むし、タンクが大きいと撃ち合いの持久戦にも勝てる。

 

もはや小さな安い水鉄砲を持っている人は格好の”的”です。

 

あと、必要なのは水場の確保。

 

ソンクラーン期間中は水を補給できる出店が軒を連ねます。

 

5〜10バーツ。

 

5バーツの水場を確保したら、その場からは動きません。

 

 

 

だって同じ値段で倍撃てるんですもん、倍!
※関西人根性

 

地に足を着けて戦いました。

 

2時間ほど戦い抜いた後、まだまだ戦いたい気持ちも残しつつも、翌日以降の本祭もあるため引き上げました。

 

 

 

カオサンロードの前夜祭は、基本的に観光客がメインであり、且つ噂通りそこまでごった返してないので、快適に撃ち合いが出来ました。

 

それに夜なので、昼間の蒸し暑さもなく、その点も快適でした。

 

また、道中のバーがオープンエアーのクラブと化しており、EDMに乗りながら撃ち合いをすることも出来ました。

 

個人的に、本祭前の予行練習としては前夜祭は凄くオススメです。

 

本祭に入るとどこからでも水が飛んでくるので、水鉄砲の調達や使い方に慣れておくのも損はないです。

 

さてさて、ここで一点お詫びです。

 

文字ばかりで申し訳ありません。

 

臨場感をお伝えしたいところですが、

 

 

戦うことに必死で写真撮る余裕もありませんでした。笑

 

写真は本祭からの記事でたっぷり載せていこうと思います。
(ソンクラーンメンバーのみんなからの写真をかなり使わせて頂きます。)

 

ではでは、今日はここまで!お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment