【カザフスタン】中央アジア最大の都会・アルマトイへ〜都会と自然が融合された街〜

おはようございます。なお吉です。

昨日から中央アジアの北朝鮮・トルクメニスタンに突入してる……はずです。
※これは予約投稿分です。

ではでは、本日は中央アジア最大の都会・アルマトイを歩いてみたお話。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!





キルギスを抜け、カザフスタンにやってきました。

 

 

本当はキルギスの次の国はウズベキスタンの予定だったのですが、陸路の場合はカザフスタン経由の方が道路が整備され、安全快適に行けるという情報を受け、カザフスタンを経由することにしました。

 

ただ、通り過ぎるだけでは面白くないので、どこか数日滞在しようと思います。

 

タイミング的にもウズベキスタンの首都・アスタナでエキスポ(万博)が開催されていたため、寄ろうかとも考えたのですが、アスタナはカザフスタンの北部に位置するため、移動に時間が掛かりすぎるため、今回はアルマトイという都市に滞在することにしました。

 

アルマトイとは。

 

アルマトイは1998年までカザフスタンの首都であり、現在もカザフスタンの経済、教育、文化の中心となっている都市です。

 

また、カザフスタンは中央アジアの中でも最も経済発展を遂げた国。

 

つまり、アルマトイは中央アジア一の大都会なのです。

 

久し振りの大都会に結構ワクワクしております。

 

そんなアルマトイ、色々歩き回って感じた情報をツラツラと書いていきたいと思います。

 

アルマトイのオススメの宿

本題に入る前に、今回アルマトイで泊まった宿はこちら。

 

 

“European” backpackers hostel in almaty

 

世界一周ブロガーのkagshunさんオススメのこのホテル。

 

一軒家に色んな国の人がホームステイしているような、これまでにない新感覚のホテル。

 

ハウスキーパーさんがいるため、いつも綺麗なので、僕もオススメの宿です。

 

アルマトイの街並み

荷物を宿に置き、早速街をブラブラしてみましょう。

 

先ず目に付いたのが、道路の舗装。

 

 

キルギス・ビシュケクもかなり舗装されていたのですが、デコボコが全くない道は東南アジアに入って以降では初めてかも。

 

それぐらい街のインフラ整備が行き届いていました。

 

また経済都市のためか、アルマトイ滞在中はやたらとRange Roverを見かけました。

 

Range Roverなんて日本でもほとんど見掛けんぞ……

 

それだけ経済発展を遂げているのか、はたまた単純にお金持ちゾーンをただ通り過ぎていたのか……

 

真相は闇の中です。

 

交通インフラ

アルマトイでは市民の足として他の中央アジアと同様にバスが多く利用されています。

 

 

バス停も超綺麗です。

 

また、バスだけでなく、中央アジア唯一の地下鉄も通っています。

 

 

双方を上手く活用することで、アルマトイ市内の移動はかなり便利で快適でした。

 

街歩き

さて、ブラブラしてみましょう。

 

街並みはヨーロッパ調の建物が多く、アジアにいるという感覚はほとんどないです。

 

ただ、それはキルギスでも多少感じることが出来た部分なので、せっかくなので”経済発展”という分野で色々探していこうと思います。

 

そう意気込んで街を歩いていると、

 

 

第一HERMES発見。

 

早速、高級ブランド店です。

 

高級ブランドはインドでも見てなかった代物です。

 

他にもA/XではないARMANIも発見し、ブランド店が軒を連ねる程の経済力を感じることが出来ました。

 

また、一番驚いたのが、

 

 

ショッピングモールあるやん。

 

なんかショッピングモールってワクワクしません?

 

え?僕だけ?(゚A゚;)

 

早速入ってみます。

 

 

造りは日本にあるイオン等のショッピングモールとほぼ同じかな。

 

 

巨大なZARAなんかも入ってたりします。

 

空調もかなり効いているので、観光途中にフラッと避難するには最適です。

 

しかも

 

 

スタバ発見。

 

値段は日本と変わらず。

 

久し振りに見掛けたので、ついついフラッと入ってしまいました。

 

経済発展した場所だけなのか?

こんな感じで経済発展が随所に見受けられますが、

 

緑や見所も多いのがアルマトイの良いところ。

 

 

 

街の至る所に公園や木々が生い茂っている場所があります。

 

中央アジアの国々は本当に自然に溶け込んだような都市計画が成されているのがわかります。

 

また、公園の中には

 

 

ロシア正教の教会、ゼンコフ正教会があったります。

 

ロシア正教会は本当にメルヘンチックなデザインで、且つ各教会で特徴が異なるので、毎回新鮮な気持ちで見ることが出来ます。

 

 

公園の自然との相性も完璧です。

 

もうメルヘン丸出しです。

 

また、ゼンコフ正教会のすぐ横にはパンフィーロフ公園という公園があり、ソ連時代に活躍した28人の英雄を讃えた銅像があったりします。

 

 

なんかの映画のワンシーンみたい。

 

また、アルマトイはオシャレなカフェやバーの宝庫です。

 

 

 

なので、カフェ巡りやバー巡りといった女子旅にもピッタリです。

 


こんな感じでアルマトイは都会と自然がうまい具合に融合した、凄く居心地のいい街でした。

 

2日ぐらいで抜ける予定が4日も滞在してしまったのはそのためですね。

 

ちなみに先程、カフェ巡りなんかにピッタリと言いましたが、

 

せっかくなので、カフェ巡りしてみました。

 

これは次回の記事で。

 

ではでは、今日はここまで!お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment