【モロッコ】世界一ウザい広場?マラケシュのフナ広場を存分に楽しむ

おはようございます。なお吉です。

早いものでモロッコ編もラスト。マラケシュ編です。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!






各SNSやってます!フォローよろしくお願いします!

リンクはこちらから!

Instagram:naokichi_traveler

Twitter:@naokichi_travel
※旧アカウント(naokichi_SD)から変更になりました。

Facebook:世界大作戦


3泊も充電させれもらったティネリールを離れ、モロッコ最後の街に向かいます。

 

その街こそ、マラケシュ

 

世界三大ウザい国の一つと言われるモロッコ。

 

そのウザさの真髄がそのマラケシュにあるフナ広場という場所にあると言うのです。

 

フェズの一件以外、そのウザさの真骨頂は全くと言っていいほど味わっていないので、せっかくモロッコに来たのだからというとこで、“ウザい”を体験してきます。

 

ティネリールからフェズへの行き方

はい、恒例のバスです。

 

フェズへは日中のバスと夜行バスがありますが、僕が移動する日は夜行バスが満席だったので、昼間のバスで移動しました。

 

バス停はメルズーガから来た場所と同じ。だいたいこの辺。

 

12:15発。

 

135ディナール+荷物代5ディナール。

 

※バスのチケットはノリコの家で前日に予約していました。

 

この昼間移動が結構良かった。

 

何故なら道中にある広大な渓谷群を車窓から楽しむことが出来たから。

 

バス移動は夜行が最優先で考えていたのですが、こういう移り行く風景を楽しむのも旅の醍醐味ですね。

 

まぁ。

 

 

写真撮り忘れたんだけどね。

 

 

19時頃(たしか……)、マラケシュ到着。

 

フナ広場でのあの手この手の勧誘

ホテルにチェックインして荷物を置き、早速外に繰り出します。

 

※今回滞在したホテルはBackpackers Grapevine Hostel。綺麗で立地もよく、オススメ。

 

目的地は当然、フナ広場

 

フナ広場は大道芸、ご飯やお土産の出店が大量に軒を連ねたエリア。

 

その中でもウザいと言われるのがご飯関連の出店。

 

数多くの出店があるので、店員も客引きに必死。

 

日本人を見るやいなや、いったいどこで覚えてきたのかと思うようなギャグや日本語のオンパレードで勧誘してきます。

 

そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!

 

コマネチ!コマネチ!

 

ここら辺は想定内。

 

ただね、

 

 

麻原彰晃!!

 

 

高田馬場!!

 

 

なんでそんなん知ってんねん(゚A゚;)

 

なんだか楽しくなってきて、結構毎回現れる客引きの相手をしてました。

 

反応するやいなや、うちの店来てよ!美味しいよ!と。

 

ここで上手く断らないと中々引き下がらないそうです。

 

僕は毎回こう言ってました。

 

Sorry. I already ate.

 

もう食ったよ!

 

そう言えば彼らも「じゃー明日来てね!」とあっさり引き下がってくれます。

 

そう、彼らも仕事として頑張ってるんで、行かない合理的な理由を示してさえあげればいいだけなのです。

 

きっとウザいと言われるのは曖昧な態度を取って彼らの勧誘をエスカレートするように逆に誘導しちゃったせいじゃないのかなー?とか勝手に思ったりしました。

 

たまたまレアル・マドリーのユニフォームを着てブラブラしてたんですが、レアル派とバルサ派で対応の温度差があったりしたのも、人間味があって面白かったです。

 

結論として、

 

モロッコ人、そんなにウザくないよ!

 

フナ広場で美味かったもの、見どころ

さて、フナ広場で食べて美味しかったもの達を紹介します。

 

まずは魚介類。

 

日本ではあまり信じられないことですが、海外だと肉より魚介類の方が高いことがよくあります。

 

海沿いに面したモロッコは海産類が多く捕れるようで、安く魚介類を食べることが出来ます。

 

特に有名なのが魚介類のフライ。

 

98番の店が出すフライ盛り合わせが色んな魚介類を食べることができ、満足度が高かったです。

 

あとはベタに生絞りのオレンジジュースですね。

 

これはモロッコではどこでも飲めますが、フナ広場ではその店の多さは段違い。

 

色んな店からの呼び込みが止みません。

 

実際、美味いんですよねこれ。

 

結局、滞在中4,5杯は飲んでたと思います。

 

他にもフナ広場には多くの見どころがあります。

 

露天があったり、

 

大道芸をしていたり、

 

楽器演奏をしていたり、

 

ヘナタトゥー屋があったり、

 

テキ屋的なんがあったり。

 

大の大人が大勢して必死に釣りゲームしてるのは、中々面白い光景でした。

 

毎晩がお祭りのような雰囲気。

 

観光客から現地民まで集まる、本当にマラケシュの熱気の集合地のような楽しい場所でした。

 

昼間のマラケシュの楽しみ方

さて、夜はフナ広場付近でブラブラしていれば楽しいマラケシュですが、昼間はそうはいきません。

 

なぜなら。

 

昼間のフナ広場、何もないから。

 

本当に何もありません。あってもせいぜいオレンジジュース屋がある程度。

 

昼間から客引きと遊んで、ここで飯食おうと思っていた目論見、あっさり崩壊。

 

なので、街歩きをしてみました。

 

フナ広場は何もない状態ですが、その近辺の土産物屋はオープンしています。

 

モロッコは雑貨が凄く可愛いというので有名なのだそうな。

 

特にこのスリッパ。

 

色やデザインが本当に多く、且つどれも鮮やかなのでモロッコの有名な土産物のひとつだそうです。

 

確かにレパートリーが多くて面白い。

 

スリッパの他にも、カバンなど女性向けのアイテムが本当に多くありました。

 

女の子で可愛いもの好きの子は、ここでの買い物は本当に楽しいだろうなと思います。

 

え?僕ですか?

 

×女の子

◯男の子

 

×可愛いもの好き

◯そもそも物欲ない

 

はい、普通に土産物眺めるだけで終わりました。

 

そもそも海外での買い物に全く適してないな、俺。

 

僕は土産物通りより、こっちの方が好きでした。

 

クトゥビーヤ・モスク。

 

フナ広場の入り口付近にあり、且つこの大きい塔が本当に目立つモスク。

 

モロッコのモスクはイスラム教徒しか入れないのが通例。

 

ここも例外なくイスラム教徒限定なのですが、外から中を見ることが出来ます。

 

白い内装に赤い絨毯が本当に栄え、まるで宮殿かのような厳かさがありました。

 

当然ここは祈りの場。

 

おじいちゃんが祈りを捧げていました。

 

(ん?もしかして寝てる?)

 

モスクはこれまでも多く入ってきましたが、洗練されたモスクはここが一番のように思います。

 

お土産に興味のない男子諸君。ここは結構楽しめるので、おすすめです。

 

まとめ

モロッコ人のウザさは色んな場所で耳にしていたので、最初は警戒していましたが、むしろ強引さの中に人間らしさが垣間見れて、モロッコ人を知る上で経験して良かったと思います。

 

そもそも客引きとの楽しかったですし。

 

ただ、自己主張の苦手な人からすると、ここは中々大変な場所になるかも。

 

まぁ、挑戦あるのみですね。

 

ではでは、今日はここまで!お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment