【エジプト】壮大!雄大!ギザの大ピラミッドへ〜最高の景色は◯◯から〜

おはようございます。なお吉です。

今日はいよいよエジプトのメインイベント、ピラミッドへ行ってきます。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!






各SNSやってます!フォローよろしくお願いします!

リンクはこちらから!

Instagram:naokichi_traveler

Twitter:@naokichi_travel
※旧アカウント(naokichi_SD)から変更になりました。

Facebook:世界大作戦


エジプト=ピラミッド。

 

もう当然と言っていいぐらい、ピラミッドはエジプトの象徴ですよね。

 

当然、僕もこれを見るためにここにやってきたようなもの。

 

メインイベントと言うことで最良の状況の下で見たいと思い、天気を待ち、晴天の日に宿のメンバーと共に行ってきました。

 

エジプトには138基と本当に数多くのピラミッドがありますが、当然向かうのは最大のピラミッド、ギザの大ピラミッド。

 

行き方はまんぷく夫婦さんのブログをご参照をば。(サボる)

 

いざ、ギザの大ピラミッドへ

さて、ギザ駅から乗ってきたミニバンを降りた瞬間でした。

 

街中からピラミッド丸見え。

 

えっ、砂漠のド真ん中にあるんちゃうの?(゚A゚;)

 

そう、ギザの大ピラミッドは中心街からすぐそこ。

 

言わば、なんばから海遊館に行くぐらいのノリ

 

近っ。

 

しかもピラミッドに近付いていくと、

 

ピラミッドの前にゴルフ場発見。

 

ピラミッド見ながらゴルフ。

 

 

……それ、楽しいか?(゚A゚;)

 

 

まぁ、これがエジプト☆クオリティーなんでしょうね。

 

さて、チケット購入。

 

120ポンド。750円弱。

 

これはギザにある3つのピラミッドの外観だけを見るために敷地内に入るチケット。

 

各ピラミッドに入るには別途費用が必要。これが結構お高め。

 

僕は外観だけでいいかな〜。

 

ということでこのチケット。

 

このチケットを持って荷物検査を経て内部へ。

 

…のはずだったんですが、三脚所持者は別チケットが必要とのこと。

 

追加20ポンド。

 

鞄に三脚を隠して持ち込むことは出来そうですが、内部で三脚使っているとスタッフからこのチケットを確認されることが複数回あったので、素直に買っておく方が吉。

 

出鼻を挫かれましたが、入場。

 

入ってすぐでした。

 

いきなりピラミッド。

 

しかも一番巨大なクフ王のピラミッドがお出迎え。

 

テレビや本で何度も何度も見てきたピラミッド。

 

情報もたくさん知ってるはずのピラミッド。

 

でもそれをいざ目の前にすると、その大きさ、迫力にただただ開いた口が塞がりませんでした。

 

一番驚いたのが、これらを形作る岩の大きさ。

 

一つで大人一人分の大きさに匹敵。

 

本当にどうやって運んで、どうやって作ったんだろう。

 

浪漫ですねー。

 

そんな感じで上ばかり見上げていて気付きませんでした。

 

エジプトキッズにめっちゃ囲まれてるー(゚A゚;)

 

大人気、さおりさん。

 

エジプト人、日本人を見つけるやいなや、セルフィー祭り。

 

一人に捕まろうもんなら、もうエンドレス。

 

あー、あれ思い出すなぁ。

 

インド。

 

彼らの写真欲も凄まじかったからなぁ。

 

ただ、エジプトも負けてません。

 

こっちが皆で集合写真を撮ろうもんなら、

 

俺ら引率の先生やないかい(゚A゚;)

 

何人か完全に顔隠されてるし。

 

さぁ、シッシッ!(゚A゚)

 

追い払ってようやくパシャリ。

 

ピラミッド、セルフィー依頼受けようもんならエンドレスなんでご用心。

 

そんなおもしろトラブルもありましたが、クフ王のピラミッド楽しかったなぁ。

 

さて、次なるピラミッドへ。

 

カフラー王のピラミッド。

 

ギザの大ピラミッドの中で2番目に大きなピラミッド。

 

先端が雪化粧しているように作りが違うのが特徴のピラミッド。

 

でも、僕達が好きなのは

 

やっぱりクフ王のピラミッド。

 

たいぞーさんのヒーローっぽいたたずまいが様になってたので、仁王立ちブーム到来。

 

近くで見るクフ王のピラミッドの格別ですが、カフラー王のピラミッド近くから見る少し距離のあるクフ王のピラミッドも、全体がはっきり見えてこれまたかっこええ。

 

さて、最後はメンカウラー王のピラミッド

 

3つの中では1番小ぶり。

 

小ぶり過ぎてスルーされちゃうちょっと可哀想なピラミッド。

 

はい。

 

僕らもスルーです(゚A゚)

 

ただ、この3つのピラミッドを一枚の写真に収まるように一気に見たい。

 

そんな場所を探し始めました。

 

色々見て回りましたが、敷地内ではここがベストかな。

 

こんな感じ。

 

ちょうど一枚にバッチリ。

 

カフラー王とメンカウラー王の間に自分が入る隙間付き。

 

そういやエジプトといえば

 

 

ジョジョの舞台。

 

 

なんですかね?(読んだこと無い)

 

ジョジョフリークはここでこうするらしい。

 

ジョジョ立ち(らしい)

 

3つのピラミッドを堪能し、ここでクフ王のピラミッドの内部に入る組とは一旦お別れ。

 

入らない組の僕たちは一路、アイツの下に向かいます。

 

そうアイツ。

 

この意外と後頭部ツルッパゲのこいつ。

 

そう。

 

スフィンクス。

 

てかね、

 

手、なげぇ……(゚A゚;)

 

意外とバランス悪いんですよ、こいつ。

 

※スフィンクスへはスフィンクスの真正面にある入り口から入れます。入場時のチケット再提示必須。

 

スフィンクスと言えば、やっぱり

 

キス写真ですよね。

 

一人で来てたら絶対出来ないこれ。

 

その後もたくさんの文春砲が。

 

この誰ともキスするなんて淫乱な!

 

お断りします(゚A゚)

 

ふぅ……

 

まぁ、そんなしょーもない遊びも堪能しつつ、スフィンクスも満足。

 

やはりスフィンクスはピラミッドを守ってるようなこのたたずまいがやっぱりカッコイイ。

 

守ってるのはクフ王のピラミッドではなく、カフラー王のピラミッドってのは豆知識。

 

さて、クフ王のピラミッドに行ってる組を待ちますか。

 

ケンタッキーで。

 

そう、かの有名なトリビアで有名なここ。

 

本当にほぼ狂いなく真っ直ぐだからおもろい。

 

しばらく待つと入った組が合流したので、ここで遅めのお昼ご飯。

 

このケンタッキーは屋上がテラスになっていて、そこからピラミッドが一望出来ます。

 

そう。

 

 

まさかのここがピラミッドのベストビューポイント。

 

 

こんな感じ。

 

3つのピラミッドが均等に並んており、且つスフィンクスまで友情出演。

 

こんな完璧な構図が、まさかケンタッキーから見れるなんて。

 

しかもここなら入場料もいらないんで、お金のない人はここで十分かと。

 

あっ、そう言えばクフ王のピラミッドのピラミッド内部ってどうなってたか聞いてみました。

 

 

狭い通路を通って行っても最後に待つのはただの空洞だったので、入るだけ無駄。

 

 

……感想が辛辣すぎたので自主規制させて頂きます。

 

ボッタクリにご用心

そうそう。

 

このケンタッキーでご飯を食べていると、後ろの席に日本人大学生のグループが入ってきたんですよ。

 

何やらどんよりした雰囲気。

 

何があったか聞いてみたところ、

 

 

ピラミッドでボッタクリにあったそうな。

 

 

そうなんです。

 

ピラミッド内部にはラクダに乗せてもらった後に法外な金額を請求されたり、無理やりターバンを巻かれ、その費用を請求されたりとした悪徳商法の被害が後を絶たない様子。

 

僕らは何も被害がなかったんですが、彼らはどうやらバッチリ被った様子。

 

ラクダなんて乗ってしまえば降りるまで拘束されてるようなもんですもんね。

 

本当に注意が必要ですね。

 

そんな彼らの中で一番驚くべき被害がこちら。

 

 

何もしてないのに400ポンド請求されて支払った。

 

 

えっ、むしろなんで払ったの?(゚A゚;)

 

まとめ

正直、ベタベタな観光地でありますが、やはり行ってみるとその雄大さに心躍らされ、本当に行ってよかったと思える素敵な場所でした。

 

ケンタッキーがベストビューポイントとは言いましたが、やはりクフ王のピラミッドを真下から見上げるのはやはり凄く思い出深い貴重な体験でしたし、ぜひ外観見学のため敷地内に入ってみてください。

 

ただ、話を聞いてもピラミッド内部は行かずに外観からだけで十分かなー。

 

ではでは、今日はここまで!お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment