【フィリピン留学】日本からフィリピンへの郵送〜コンテナー便でGO〜

おはようございます。なお吉です。

今更ですが本ブログのFacebookページ作りました!

更新状況等色々な情報を載せていこうと思うので、皆様いいね!よろしくお願いします!


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!





さてさて、長く留学生活をしていると日本からの物資を郵送してもらう機会もあるかと思います。

 

そこで今回、僕が実際にやった日本からフィリピンへの物資の郵送方法について書いていきたいと思います。

 

海外への物資の郵送として有名なのは、やはりEMSですよね。

 

国際スピード郵便(こくさいスピードゆうびん、英語: Express Mail Service, EMS)とは、国際郵便の一種で、書類及び物品用の郵便急送業務であり、かつ、物理的手段による郵便業務のうち最も迅速なものである。

出典:Wikipedia

 

いつもありがとうWikipedia先生。

 

そう、速くて安い。通常であればこれ一択です。

 

ですが、フィリピン。

 

 

そう一筋縄ではいかないんだな。

 

 

通常、EMSで物資を送る際には郵送料金の他に、送る物によっては現地で関税を支払わなければいけません。

 

そう、関税。

 

調べてみれば出るわ出るわ。

 

 

関税でのボッタクリ。(゚A゚;)

 

 

何やら税関のさじ加減でえげつない額の関税が請求されたとかなんとか。

 

ex)お菓子を送っただけなのに数千円とか。

 

えー、今回私が送った物。

 

 

スマートフォン(照)

 

 

あかん、絶対税関でアホほど関税請求されるやつ。(゚A゚;)

 

 

しかも到着後は、現地の郵便局に手数料を払って取りに行かないといけない、最悪の場合、ニノイ・アキノ国際空港まで出向かないと行けないとのこと。

 

リスクが高すぎる上に面倒くさすぎる。

 

てな訳で別の方法がないかと探していたところ、”これだ!”という方法を見つけました。

 

 

コンテナー便。

 

□メリットとデメリット


このコンテナー便、非常に便利です。

 

メリットは2点。

 

1つ目が送料の中に関税も全て含まれるためお金の心配が不要なこと。

 

税関で高額な関税をふっかけられることもないので、送ってもらえればあとは待つだけです。

 

2つ目がドア・トゥ・ドアのため、どこかに受け取りに行ったりする必要がないこと。

 

学校近くの郵便局ならまだしも、ニノイ・アキノ国際空港まで取りに来てくださいなんてことになったら、もう最悪です。

 

そのリスクを回避出来るだけでもかなりの儲けものです。

 

ただ、当然デメリットもあります。

 

1つ目が値段が少々お高いこと。

 

一番小さい箱でも6,000円からと、想像以上に高額でした。

 

ただ、リスク回避料と考えれば安いものです。

 

2つ目が時間が掛かること。

 

日本から送ると通常1ヶ月程度掛かってしまいます。
※バギオの場合

 

そのため、留学期間が短かったり、残り期間が少ないと卒業までに荷物が届かないリスクがあるので、そこは注意が必要です。

 

さてさて、僕が今回利用させて頂いたのが、バリクバヤンボックスさんです。

 

ネット上で評判が良かったのと、時間がなかったので、他社と比べることなく選びましたが、結果的には非常に満足してます。

 

料金はこんな感じでした。

バギオは”その他ルソン島”に当てはまるので、上から2番目です。

 

ではでは、どのようにして送るかをご紹介します。

 

□送り方


1.オンラインオーダーフォームから必要情報を送付。

だいたい2〜3日で段ボールが届く模様です。

 

2.荷造り

詰めます。

 

重さは関係ないので、必要なものと思ったものはガンガン詰めます。

 

3.送付

準備が整ったら送ります。

 

バリクバヤンボックスさんは取りに来てくれるようです。有り難いですね。
(ここまで親に代理でやってもらってるから詳しいこと知らないのは内緒。)

 

ただ、ここで注意点があります。

 

バリクバヤンボックスさんの場合、火曜日までに倉庫に集荷したコンテナーが翌火曜日に出荷されるとのことです。

 

つまり、直近の火曜日までに間に合わなければ、その分到着が遅くなるということです。

 

気長に待つといえど、やはり早めの到着の方がいいと思うので、この点は注意が必要です。
※他社さんのルールはわからないので、利用される会社さんにお問い合わせください。

 

4.到着

ちょうど一ヶ月後。

到着しました。やっほい。

 

予定通り、学校まで直接届きました。一安心です。

 

これが一番小さいサイズの箱なので、結構なんでも入ります。

 

ただ、僕はスマートフォン以外は特に絶対必要なものはなかったので、

 

非常食をたんまりと。

 

お味噌汁ー(*^○^*)

 

ゆかりー(*^○^*)

 

 

豚汁ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!

 

サンキューおかん。

 


フィリピンへの物資の郵送は結構色んなリスクが伴うので、僕はコンテナー便をおすすめします。

 

 

ん?なんでわざわざスマホを日本から送ったかって?

 

日本で買う方が安いからだよ。

 

ただ、

 

 

送料のせいでフィリピンで買うのとほとんど値段変わらなくなったけどね。

 

(泣)

 


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment