【キルギス】アラコル湖トレッキングでようやくトレッキングした話~帰り道なのに迷子~

おはようございます。なお吉です。

今日はいよいよアラコル湖トレッキング編最終回、帰り道編です。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!





さて、ホーストレッキングから戻ってアルティンアラシャンで1泊した後、いざカラコルに戻ります。

 

トレッキング3日目にして、ようやくちゃんとしたトレッキングです。

 

普通は往路で歩いてきた道を折り返すだけなので、そんな楽しみでもないはずですが、

 

僕の場合、往路がドナドナだったため、サッと抜けてしまったところが多数。

 

 

実際、トレッキングしてる時の視点から見たらどんな風景が待っているのか、楽しみです。

 

帰り道、同じ道のはずなのに。

他の2人がこの日のうちにビシュケクに戻るため、朝8時に出発です。

 

天気は快晴。

 

初日のアルティンアラシャン到着直前に雨が少し降った以外、このトレッキングの間はすこぶる良いお天気。

 

 

やっぱり俺、晴れ男ですわ。

(マジでパンゴン湖の時の雨男・女は誰やってんやろか……)

 

さてさて、意気揚々と進んでいきます。

 

トレッキングの帰り道はだいたい下り坂。

 

昨日負傷したお尻や腰は大丈夫。

 

来た道は一本道だったので、周りの景色を楽しみながらのほほんと進んでいきます。

 

道なりに進みます。

 

進みます。

 

進みます。

 

 

道がなくなりました。

 

 

なんでや!?(゚A゚)

 

来た道は一本道だったはずが、知らず知らずのうちに枝道に入ってしまったようです。

 

ここは戻るか。

 

いや、ここはMaps.me先生の出番だ。

 

以前、インドのマナリで出会った人に教えてもらったのですが、Maps.meには山道も結構正確に載っているらしく、トレッキング時には相当役に立ちます。

 

エベレストベースキャンプの道も正確に載っているんだとか。

 

GPSで現在地を確認すると、本来の道から100m弱北を歩いていたようです。

 

ここから、道なき道をずんずん進んでいきます。

 

草を分け、泥濘みに注意して。

 

下りになっている点もご用心。

 

数分後、本来の道に舞い戻りました。

 

あー、危なかった。

 

そう思って振り返ると、

 

 

あれ?2人がいない。(゚A゚;)

 

道を確認していた時は一緒にいたのに何故だ。

 

少し待ちます。

 

待ちます。

 

来ない。

 

来た道を振り返ります。

 

いない。

 

 

迷 子 。

 

とりあえず向こうは2人いるだろうし、もっと分かりやすい広い場所で待とう。

 

そう思い、トレッキング再開です。

 

 

山々に囲まれた道は本当に気持ちいい。

 

さらに降っていくと川にぶち当たります。

 

 

 

水流が台風後かと思うぐらい凄い。

 

間違って落ちたら死ぬなぁ。

 

本当にギルギスでは毎回自然の雄大さに圧倒されます。

 

さて、広いところに出ました。

 

2人を待ちます。

 

待ちます。

 

待ちます。

 

 

あれ?来ないよ?(゚A゚;)

 

 

正しい道にいるのに、迷子。

 

もしかして抜かれた?

 

その説もあるので先に進むことに。

 

 

前情報では5時間強掛かると言われていたのですが、体力が有り余っていたせいか、

 

 

4時間足らずでゴール。

 

とりあえず無事に帰れてよかった。

 

結局、この日は2人には会えませんでした……

 

後日、ビシュケクに会った際に聞いてみたら、僕を追い抜いてなかったそう。

 

でも、トレッキング終わった時間はそんなに変わらず。

 

僕はパラレルワールドでもトレッキングしていたのでしょうか。

 

不思議だ……

 

何はともあれ、無事全員トレッキング終了出来てよかった。

 

その一言に尽きますね。

 

ではでは、今日はここまで!お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment