【モンテネグロ】湾に面した美しい街並み、コトルを下から見上げる〜城壁とにゃんこ?〜

おはようございます。なお吉です。

今日はモンテネグロ最後にして一番大好きな街、コトルです。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!






各SNSやってます!フォローよろしくお願いします!

リンクはこちらから!

Instagram:naokichi_traveler

Twitter:@naokichi_travel
※旧アカウント(naokichi_SD)から変更になりました。

Facebook:世界大作戦


ブドヴァを後にした僕は次なる街、コトルを目指します。

 

 


※移動方法は上記記事を参照してください。

 

”小さなドゥブロヴニク”との愛称を持つこの街。

 

前情報的にかなり惹かれ、モンテネグロ最大の目的地だったこの地。

 

さてさて、その実情や如何に。

 

コトル湾と城壁を巡る

最寄りのバス停を降り、街の中心である旧市街に向かいます。

 

コトルのバス停は旧市街地の目と鼻の先。

 

バス停からメインの場所まで近いって素晴らしいです。

 

ブドヴァ、遠かったからなぁ……

 

そんなことを思いながら進んでいくと、

 

山々に囲まれた大きな湾がご登場。

 

これまでのウルチンやブドヴァといった海に直接面したビーチリゾートとは異なり、コトルはコトル湾に面した田舎街。

 

海辺+山々+田舎町の美しさは海単体で見るよりも華やかです。

 

ちなみにこの湾には豪華客船の経由地にもなっているのか、多くの巨大客船を見ることも出来ます。

 

この写真、だいぶ遠いけど。

 

タイミングの悪さは相変わらずなようです。

 

さてさて、そんな素敵な景色を見ながら進んでいくと、

 

旧市街入り口に到着。

 

城壁の大きさ、緻密さはブドヴァ以上。

 

禍々しささえ感じます。

 

でもこういう仰々しい方が少年心がくすぐられちゃうんですよねー(゚A゚)

 

中はどうなってるんだろう。

 

期待を胸に、入城。

 

中は想像していたよりも道が細いのと、外観の禍々しさとは一転、観光客でごった返していました。

 

さすがモンテネグロの中でも有数の観光地。

 

路地はオシャレなカフェやレストランがたくさん。

 

また、路地や街そのものも色んな彩りが加えられ、どこも個性的。

 

もちろんお土産物屋さんもね。

 

ちなみにお土産物屋さんにモンテネグロ十戒なるものがありました。

 

モンテネグロ人ってかなりののんびり屋さんなのだろうか……

 

さてさて、城壁に囲まれた街ということで、前回のブドヴァとほぼ同じかな?って考えてたのですが、雰囲気からして全然違いました。

 

ブドヴァは迷宮のように少し暗めながら落ち着いた雰囲気をはらんでいたのですが、対してコトルは路地は細いものの、それを抜けると全体的に明るく、開放的なイメージ。

 

観光客で人も多く賑わってるので、活気がある雰囲気の方が好きな僕にとってはコトルの方が好きかも。

 

路地巡りを続けてみます。

 

コトルは本当に路地にアクセントとなるものがあったり、ワンポイントが入っていたりとどの路地を歩いても新しい発見があるのは本当に楽しいものです。

 

昔の名残のような軍事的なものからポップなものまで様々。

 

特にお気に入りがこれ。

 

お土産物屋の前に置かれたものなのですが、なーーんか緩い感じと”Welcome to Kotor”のメッセージがいい味を出していて好きなんですよ。

 

また、旧市街内部にはいくつかの教会もあります。

 

聖トリプン大聖堂。

 

聖ニコラ大聖堂。

 

聖ルカ教会。

などなど。

 

路地巡りだけでなく、これら個性的な教会巡りも出来るので、小さな街ながらも見所満載です。

 

またブドヴァ同様、夕暮れ時や夜の顔が全く異なるのも、やはり面白い。

 

夕暮れ時からどんどんと暗くなっていき、

 

夜になると、不気味ささえ漂うような独特の雰囲気。

 

昼間に行った大聖堂もこんな感じ。

 

雰囲気が……厳つい。

 

治安もかなり安全なため、夜での街歩きも十分楽しめました。

 

ただ、細い路地も多いので、そういうところはしっかりと避けるのは忘れずに。

 

コトルに住み着く大量の……

コトルの街中を歩いていて、気付くことがあります。

 

”あの生き物”がたくさんいることに。

 

それが彼ら。

 

猫。

 

もうね、そこらじゅう猫だらけ。

 

 

猫。

 

猫。

 

猫。

 

猫。

 

こんなところにも猫。

 

キャワワ(゚A゚)

 

 

もう猫天国です。

 

 

猫好きには堪らない街かと。

 

どの子も可愛い上、人に慣れているのか襲ってきたりすることも皆無。

 

そんな中で、個人的ベスト・オブ・猫はこの子。

 

道のド真ん中で爆睡中。

 

こんな心許した状態で寝れるのも、この街が猫と上手く共存している平和な街ということの証明なんだろうなーとも感じました。

 

まとめ

同じ国、同じく城壁に囲まれた街としてどうしてもブドヴァと比較しがちになりますが、落ち着いたブドヴァと活気溢れるコトルと言う感じで、上手いこと住み分けがされている点は面白いポイントでした。

 

どちらも素晴らしい街には変わりなく、モンテネグロは素敵な街が多い国という印象。

 

最初は通過するだけと考えていたので、寄ることが出来て本当に良かったと感じています。

 

さて、タイトルで下から見上げると書いたように今回は旧市街を下から見て回りましたが、次回は上から見下ろしてみたいと思います。

 

ではでは、今日はここまで!お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment