【モンテネグロ】城壁で囲まれたリゾート地、ブドヴァで旧市街地迷宮探索!

おはようございます。なお吉です。

今日はモンテネグロの2つ目の都市に向かいます。ブドヴァです。


いつも毎日のポチッと、本当にありがとうございます!
パソコンの方は下のバナー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホの方は下のリンク

にほんブログ村 世界一周
引き続き1日1ポチっと、お願いします(*^○^*)

※読み込み完了まで!






各SNSやってます!フォローよろしくお願いします!

リンクはこちらから!

Instagram:naokichi_traveler

Twitter:@naokichi_travel
※旧アカウント(naokichi_SD)から変更になりました。

Facebook:世界大作戦


素敵な宿、Hostel Pirateに後ろ髪を引かれながらも次なる街を目指します。

 

それがブドヴァ

 

アドリア海に面したモンテネグロのリゾート地。

 

まぁ、昨日いたウルチンもリゾート地なんですが、それ以上にリゾートリゾートしてるとのこと。

 

居心地が良ければ数日羽でも休めようかなぁ。

 


※移動方法は上記記事を参照してください。

 

ブドヴァの特徴は何と言っても城壁に囲まれた旧市街地。

 

次に行く街・コトルも、有名な観光地・クロアチアのドゥブロヴニクも同様に城壁に囲まれた街ですよね。

 

アドリア海に面しているということは海からの外敵からの侵略を防ぐため、このような形に街が発展していったのでしょうかね。

 

また調べときます。

 

さてさて、先程ここブドヴァはリゾート地と言いましたが、有名なビーチがある訳ではありません。

 

ここは沖合でのクルージングが盛んなようです。

 

個人のボートやクルーザーが多く停泊している場所がチラホラと。

 

特に旧市街地の入り口付近の波止場は、それはもう高そうなクルーザーの数々。

 

1隻億超えるのかなぁ……僕にとっては遠い世界のお話だこと。

 

旧市街地をぶらり

さて、旧市街地に入ります。

 

外観は無骨な石造りの壁ですが、中に入るとこんな感じ。

 

細ーーーい路地が入り組んでおります。

 

もはや迷路。

 

初見で地図なしで入ると間違いなく迷うレベル。

 

ただ、それぞれの路地の雰囲気が全く異なるので、迷宮探索みたいな気分でぶらりと歩くのは凄く面白みがありました。

 

場所によっては花で彩られたり、

 

ランプが飾られていたり。

 

 

おっしゃれ〜( ゚д゚)

 

 

とは言え、路地にある建物のほとんどがお土産物屋さんなので、飽きも早いのが難点。

 

まぁお土産物屋さんも旧市街地のアクセントとして面白いんですけどね。

 

ちなみに迷った時は空を見上げると、街のシンボルっぽい時計台を目印に。

 

時計台を目指して歩いていると、小さな教会があります。

 

これを過ぎればもうゴール目前。

 

そんな旧市街地のゴールはここ。

 

大きく開けたアドリア海。

 

旧市街地の建物と青い空と海のコントラストが素敵。

 

この海辺では家族連れやカップルで、いいムード。

 

 

って、その中にいるアラサー独り身おっさんの孤独感といったらもうね(゚A゚;)

 

 

ちなみにこの近辺にブドヴァの名物があります。

 

こちら。

 

ビールマンスピンをしている少女。

 

真央ちゃんを思い出しますね。

 

やっぱりこういう像がある場所になるとね、

 

真似する人続出。

 

お姉さん、届いてないよ危ないよ( ゚д゚)

 

昼とは違う、夜のブドヴァ

昼の旧市街地歩きを終え、宿で休憩。

 

宿は旧市街地内にある宿をチョイス。

 

Freedom Hostel Budva

 

旧市街地のド真ん中にあるのでバスターミナルからは少し歩きますが、旧市街地散策にはベストな立地。

 

ベッドも水回りも綺麗だし、オススメの宿です。

 

でもまぁ、

 

夜いきなりテキーラ渡されたりもするんですけどね。

 

油断しまくり+シラフでテキーラショットは中々ダメージデカかった…笑

 

さて、休憩もそこそこに今度は夕暮れから夜に掛けての街を見て回ります。

 

夜になると時計台等、一部の場所はライトアップされます。

 

夜でも時計台が見えるのは迷子になりにくくていいですね。

 

アドリア海のサンセットも素敵。

 

ただ、個人的にはウルチンのサンセットの方がアドリア海全体のサンセットを眺めれたので、そっちの方が好きかな。

 

さて、ここからがブドヴァのもう一つの顔です。

 

先程の時計台はライトアップされていましたが、

 

それ以外の場所の多くはランプの灯りだけになり、なんとも不思議な雰囲気に。

 

少し怖い雰囲気をはらみながらも幻想的な雰囲気も同時にあるという、昼間とは全く異なる姿がそこにはありました。

 

とはいえ、治安は全く危なくないのでご安心を。

 

昼間と夜。一度に二度楽しめる街、それがブドヴァです。

 

まとめ

え?旧市街地をブラブラ歩いただけだって?

 

そうなんです。

 

ブドヴァは素敵な旧市街地があるのですが、かなーーーーり小さな街であるため言い換えればそれ以外特に見所がない街でもあるんです。

 

ゆったり海を眺めたり、旧市街地を散歩したり。

 

ある種優雅な時間の使い方が出来る街ですが、僕的には少し物足りなかったかな。

 

なので、1泊で次の街を目指します。

 

あっ、ここの旧市街地の城壁、実は有料で登ることが出来るので、挑戦された方がいればどんなんだったか教えて下さいね。

 

ではでは、今日はここまで!お付き合い頂き、ありがとうございました!


ランキング上位目指してブログ村ランキングに参加してます!
読み終わり、1日1クリック、よろしくお願います(*^○^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Coment